忍者ブログ
若手実力派女優、堀北真希さんの出演ドラマについて語るブログ
生徒諸君!
DVD-BOX
NHK大河ドラマ 篤姫
完全版 第壱集
NHK大河ドラマ 篤姫
完全版 第弐集
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第五回あらすじ ~朝日放送HPより抜粋~

毎年恒例のクラス対抗球技大会が近づいたが、薫(岡田将生)をはじめ、クラス内は参加に消極的だ。

しかしバスケ部のマネージャー、上田敏也(松川尚瑠輝)が参加したがっていることを察した尚子(内山理名)は、敏也を練習に誘い、茉莉(夏未エレナ)の協力で、直輝(若葉竜也)、渡辺順(落合扶樹)、恩田蓮(塚田健太)らと球技大会のチームを結成した。

だが、敏也は3TDに睨まれ、他の四人も3TDを恐れて練習を続けられなくなってしまう。さらに夜の公園であきらめずに練習している敏也は、薫に怪我を負わされてしまう。

イジメに気づけなかった尚子は自分を責めるが、日向(椎名桔平)は「まだ、間に合うんじゃないですか」とさりげなく励ます。

尚子は薫に、「自分が負けたら学校を辞めるが、勝ったらイジメを止めて球技大会に出場しろ」と、バスケで勝負を申し出た。自信満々で勝負を受けた薫だったが、尚子のすばやいプレーの前に敗れてしまう。

球技大会当日。敏也らは薫のチームと対戦。試合は圧倒的な大差で前半が終了。弱気になる5人に、尚子はもっとゲームを楽しもうと励ました。

後半、5人は徐々にリラックスし、敏也が思い切って放ったシュートが見事に決まった。大喜びする5人を見た薫は、途中でゲームを放棄してしまう。試合後、「人生は自分次第でいくらでも楽しめる」と薫に語る尚子。

薫は「自分も変わってみたくなった」と、珠里亜(堀北真希)と公平(本郷奏多)に3TDの解散を提案する。「あたしはやめない」と言う珠里亜に公平も同調し、薫は一人教室を後にするのだった。



前回で尚子は生徒の一部から信頼を得るようになったわけですが、それは3TD側からすれば「離反」「裏切り」になるわけですね。

う~ん、大人社会でもあります、こういうこと(笑) だから人間って難しい・・・

今回の話は大半がバスケで占められましたが、ポイントはやはり薫の3TDからの脱退、というところでしょうね。これが今後どういう流れを生むのか・・・

実は先日、マンガ喫茶で第7巻ぐらいまで原作を読んできました。やっぱりかなり原作と違ってますね。他の先生が全然違うし、やっぱり椎名桔平の日向は原作にはないキャラだったし、本郷奏多の青木公平も、キャラも外見も違うような。

でも原作と違うからダメ、という気はしないです。むしろテレビはテレビで面白いなと感じました。

ただもう少しかつての「悪たれ団」は出して欲しいですけどね~。原作では結構出てくるんです。ここだけの話(笑)、沖田君そっくりの男性が現れてナッキーの恋心が揺れるところもあったりして。

今回岩崎君は後ろ姿だけ出て来たんですけどね~(笑)

来週は修学旅行に行くまでの話みたいですが、原作通りなら修学旅行先で岩崎君が出てくるんですが、どうなんでしょう?

というより次回はまた例の「山の事件」でまた一波乱あるようですね。どうなるんでしょうか。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
[07/29 写真集まにあ]
[07/07 真希郎(まきんぽダッシュ)]
[03/05 H.S]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析