忍者ブログ
若手実力派女優、堀北真希さんの出演ドラマについて語るブログ
生徒諸君!
DVD-BOX
NHK大河ドラマ 篤姫
完全版 第壱集
NHK大河ドラマ 篤姫
完全版 第弐集
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年春クールのドラマ新番組で、堀北真希さんの主演作、「アタシんちの男子」が4月14日火曜日、CX系にて放送開始されます。

堀北さんが演じるのは峯田千里というハタチの女性。なんと公園のダンボールハウスやネットカフェを転々としているホームレス! 母親は幼い頃に病死し、父親は失踪。しかもその父親がギャンブルで1億の借金を作り、その連帯保証人として借金取りから逃げ回る日々を送っていた。

しかしある日、千里はついに借金取りに追い詰められてしまう。その時、日本を代表する玩具メーカー社長の大蔵新造(草刈正雄)が現れて、借金取りにその場で1億円の小切手を手渡し、千里を借金取りから救ってくれる。

しかしタダで1億ものお金を払ってくれるわけがない。借金取りに1億円支払う代わりに、新造は千里に結婚を迫る。新造は病気で余命一ヶ月と宣告されており、自分の死を看取ってくれる女性がそばにいて欲しい、と告げる。1億円を新造に返すこともできない千里は、新造の申し出を受け入れるしかなかった。

一月後、新造は他界する。すると新造の秘書、時田修司(山本耕史)が現れて、千里を新造の別宅、トリックハート城へと連れて行く。そして新造の会社の顧問弁護士、小金井響子(高島礼子)が現れて、1億円の肩代わりの際に新造が千里にサインさせた巻物を取り出した。

その巻物にはなんと、1億円の返済の条件として、新造の妻になることの他に、3ヵ月間、このトリックハート城で、新造の息子6人の母親として生活しなければならない、という条件が書かれていた。

かくして千里は、トリックハート城で、風(要潤)、猛(岡田義徳)、翔(向井理)、優(山本裕典)、智(瀬戸康史)、明(岡山智樹)の6人の息子達の母親として生活していくことになる・・・のか???

----------------------------------------------------------------

といった感じが第一回のあらすじ。堀北さんがホームレスという最初の設定もオドロキですが、さらに母親役に初挑戦、というこのドラマ。

血の繋がらない者同士の集まりによって逆に「家族とは何か」をテーマに展開されるコメディとのことです。楽しみですね♪
PR
昨日放送された「男装の麗人~川島芳子の生涯~」に、李香蘭役で堀北真希さんが出演されてました。

ほんのチョイ役でしたが、とても見目麗しい、華麗な歌姫姿でした。歌は一目で「口パク」とわかってしまいましたがw

川島芳子と李香蘭は親交があった、というのは知らなかったので驚きでした。

それにしても主役の川島芳子を演じた黒木メイサさんは見事なハマリ役でしたね。魅力的な美貌の持ち主でありながら女性であることを捨て、「男」として髪を切り、男装をし、時に軍服姿に身を包んであの時代を駆け抜けるわけですが、その男装っぷりが本当にお見事でした。

女性として美しく、男装も美しいという人はそうそういませんものね。まあ男装といえば宝塚、ということなのかどうか、晩年は宝塚出身の真矢みきさんが演じられていたわけですが・・・

真矢みきさんも演技も素晴らしかったし、元々好きな女優さんですが、黒木メイサさんが35歳まで、そして真矢みきさんが38~41歳というキャスティングだったのですが、これぐらいの年の差でなんでキャストを分けたんだろう、というのがちょっと納得いきませんでした。

幼女時代は子役、そして少女から大人になってまで、そして50過ぎとか60過ぎの晩年をまた別の人が、というならまだわかりますが、これぐらいの年の差であれば、そのまま黒木メイサさんで良かったと思うのですが。

真矢みきさんにチェンジした場面は、それほど時間が経ったわけでもないのでちょっと違和感でした。

それと昔から上海は「魔界都市」とか言われているようで、戦前も魅惑と陰謀渦巻く国際都市ということだったそうで、上海という街にも惹かれるものがありました。人を引きつける何かがあるようです。今も超近代的な都市になっていて、上海の夜景とか凄いですもんね。上海旅行してみたい気になりました。来年は上海に海外旅行に行ってみようかな。
大河ドラマ「篤姫」。いよいよ堀北真希さん演じる和宮が登場した第33話「皇女和宮」。

堀北さんはショートカットでこのところボーイッシュな役が多かったんですが、こちらでは打って変わった出で立ちでしたね。

綺麗な着物に重そうなかつら、そして京ことば。

なにしろ天皇の妹さん、これ以上ないという程の高貴な身分ですから、演技も大変だと思います。

でも、悲しい運命に翻弄される身でも、凛々しく、そして内に秘めた強さを感じさせる魅力的な「和宮」だと感じました。

番組の冒頭に紹介された和歌は

「惜しまじな 君と民との ためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも」

本当に自己犠牲の精神で、京都から見たら田舎で野蛮な江戸で死ぬ覚悟だったことがわかります。

有栖川宮熾仁親王(たるひとしんのう)との別れのシーンが印象的でしたが、その熾仁親王とは、全く予想もしなかった形でまた運命が交差するわけですが、それはまだ先のお話。

意に沿わない政略結婚の犠牲になるわけですが、その境遇は篤姫も同じ。

本来なら分かり合える者同士のはずなのに、身分と立場の違い、しきたりの違い、気持ちのすれ違い等々から、二人の中は険悪になり、やがて大奥を二分するほどになっていきます。

その宮崎あおい:篤姫と、堀北真希:和宮の確執が、来週から本格化していくんでしょうね。いつの時代も女の争いは怖いです(笑)

それにしてもNHKもずいぶんキャストに力を入れてますね。勝海舟北大路欣也、和宮の母の観行院若村麻由美岩倉具視片岡鶴太郎、そしてこれから登場予定の坂本龍馬玉木宏

出演料いくらかかってるんでしょうね(笑)

ドラマ前半とはキャストも大きく入れ替わって、いよいよ盛り上がっていきそうです。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
フリーエリア
最新CM
[07/29 写真集まにあ]
[07/07 真希郎(まきんぽダッシュ)]
[03/05 H.S]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析